インフォグラフィック

ブログ100OGP_初めてでも簡単、すぐ使える印刷用語集​​​​​​​


インフォグラフィックとは

インフォグラフィック(infographic)は、情報を視覚的に表現するための有用なツールです。テキストや数字だけでなく、図形やイラスト、チャートなどの要素を組み合わせて情報を分かりやすく伝えられます。

また、インフォグラフィックは、データや統計情報を整理し、一目で理解できるようにするのに役立ちます。例えば、市場調査結果や世論調査の結果、歴史のタイムライン、製品の比較、手順やプロセスの説明など、さまざまな情報をグラフィカルに表示できます。


インフォグラフィックの特徴

インフォグラフィックの特徴は以下のとおりです。これらの特徴を活用することで、インフォグラフィックは情報の理解度を高め、効果的なコミュニケーションツールとなります。


1.視覚的な表現

インフォグラフィックは、単なるテキストや数字ではなく、図形、イラスト、アイコン、写真などを組み合わせて情報を視覚的に示します。例えば、円グラフや棒グラフ、地図、タイムラインなど、さまざまな視覚的要素が使われます。


2.簡潔な情報伝達

インフォグラフィックは、複雑なデータや情報を簡潔にまとめ、一目で理解できるようにします。情報の要点や主要なトピックに焦点を当て、冗長な情報を省略することで、情報の伝達効果を高めます。


3.比較や関連性の強調

インフォグラフィックは、異なる要素やデータを比較しやすくすることで、関連性や傾向を強調します。複数のグラフや図形を組み合わせて相対的な情報を示したり、色や形状を使って異なる要素を区別したりします。


4.視覚的な引き立て

インフォグラフィックは、情報を魅力的に見せるためのデザイン要素を活用します。適切な配色やフォントの選択、視覚的なヒエラルキーの設定などによって、情報を引き立てます。視覚的な引き立ては、インフォグラフィックの魅力や興味を高め、情報の記憶や共有を促します。


5.多様な情報の表現

インフォグラフィックは、さまざまな種類の情報を表現するのに適しています。統計データ、調査結果、歴史的な事実、手順やプロセス、比較データなど、様々な情報をグラフィカルに表示できます。それぞれの情報に最適な視覚的手法を選ぶことが重要です。


インフォグラフィックの作成手順

インフォグラフィックの作成手順は以下のとおりです。この手順に従って作業すると、初心者でもわかりやすく魅力的なインフォグラフィックを作成できます。


1.目的を明確にする

インフォグラフィックで伝えたい情報の目的やターゲットオーディエンスを明確にし、何を伝えたいのか、どのような反応や行動を促したいのかを考えます。


2.データの収集

伝えたい情報をもとに必要なデータを収集します。信頼性のある情報源からデータを収集し、伝えたいメッセージや要点を絞り込みます。


3.レイアウトの設計

インフォグラフィックのレイアウトを計画します。情報をどのように配置するか、順序や階層を考慮して設計します。


4.視覚要素の追加

データや情報を視覚的に表現する要素を追加します。グラフ、チャート、図形、アイコンなどを使って情報を明確に可視化します。


5.文字の選択と配置

適切なフォントや文字のサイズを決めてテキストを追加します。見出しやキャプション、説明文などを適切な位置に配置します。


6.色の選択

配色を選び、情報を引き立てるために使用します。色の使い方に注意し、視認性や一貫性を考慮します。


7.フォーマットと最適化

完成したインフォグラフィックを適切なファイル形式にエクスポートし、必要に応じてウェブや印刷物などに公開します。



印刷に関するお問い合わせはコチラ ▼

お問い合わせ・お見積りボタン

UTILIZE編集部
UTILIZE編集部
山藤三陽印刷株式会社のマーケティングチームです。 SDGsに貢献する地球環境に優しい印刷ソリューションのコンテンツをお届けしていきます。

環境に配慮した低コストの印刷で
今すぐSDGs達成に貢献しませんか?

印刷発注業務を通じて
SDGsに貢献する秘訣はこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
「環境配慮型印刷」のお役立ち資料は
こちらから

人気記事ランキング

タグ一覧