西区アダプト・プログラム
実施のお知らせ

UTILIZE(ユートライズ)をご利用いただきありがとうございます。
西区アダプト・プログラムを実施しましたのでお知らせします。

私たち山藤三陽印刷は会社理念の1つである地域貢献とSDGsの取り組みの一環として、西区アダプト・プログラムへの参加を決め、2023年7月26日に調印致しました。

活動は月に1回程度行われ、今回が2回目の実施となります。周辺地域は比較的ごみが少なく、主に落ち葉や雑草が対象となりますが、引き続き美化活動を継続して行います。

 

アダプト・プログラムとは

行政と市民が協働で進める「まち美化プログラム」です。アダプト(ADOPT)とは、英語で「○○を養子にする(養子縁組)」という意味で、養子にみたてた一定区画の公共の場所(道路や公園など)を、市民が愛情を持って清掃美化を行い、行政がこれを支援するものです。

日本では、1998年に徳島県で導入され、道内では、2001年に初の試みとして西区の琴似商店街が実施しています。

関連するSDGsのゴール・ターゲット