アウトライン化

ブログ100OGP_初めてでも簡単、すぐ使える印刷用語集​​​​​​​


アウトライン化とは

アウトライン(outline)化とは、文字をパス(ベクトルデータ)に変換する作業であり、アウトライン化によって、特定のフォントがコンピュータ上にインストールされていなくても、デザインや印刷物の表示を正確に再現することが可能です。

また、アウトライン化された文字は拡大や縮小などの操作にも強く、デザインプロセスや印刷工程での不具合や互換性の問題を回避できます。

アウトライン化は、一般的にデザインソフトウェア(例:Adobe Illustrator)を使用して行われます。文字をアウトライン化する方法はソフトウェアによって異なる場合もありますが、一般的にはテキストオブジェクトを選択し、アウトライン化のコマンドを実行することで行われます。



印刷に関するお問い合わせはコチラ ▼

お問い合わせ・お見積りボタン

UTILIZE編集部
UTILIZE編集部
山藤三陽印刷株式会社のマーケティングチームです。 SDGsに貢献する地球環境に優しい印刷ソリューションのコンテンツをお届けしていきます。

環境に配慮した低コストの印刷で
今すぐSDGs達成に貢献しませんか?

印刷発注業務を通じて
SDGsに貢献する秘訣はこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
「環境配慮型印刷」のお役立ち資料は
こちらから

人気記事ランキング

タグ一覧