角版

ブログ100OGP_初めてでも簡単、すぐ使える印刷用語集


角版とは

角版(かくはん)は、写真やイラストなどを配置する際のデザイン方法を指す用語です。主に長方形や正方形の形状で配置し、必要に応じてトリミングします。

角版はデザインやレイアウトにおいて一般的に使用され、写真やイラストの統一感やバランスを高める役割を果たします。円形に切り抜く場合は「丸版」と呼ばれます。トリミングによって要素の強調や統一性を実現し、視覚的な魅力や情報の伝達効果を向上させます。


印刷に関するお問い合わせはコチラ ▼

お問い合わせ・お見積りボタン

UTILIZE編集部
UTILIZE編集部
山藤三陽印刷株式会社のマーケティングチームです。 SDGsに貢献する地球環境に優しい印刷ソリューションのコンテンツをお届けしていきます。

環境に配慮した低コストの印刷で
今すぐSDGs達成に貢献しませんか?

印刷発注業務を通じて
SDGsに貢献する秘訣はこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
「環境配慮型印刷」のお役立ち資料は
こちらから

人気記事ランキング

タグ一覧