活版印刷

ブログ100OGP_初めてでも簡単、すぐ使える印刷用語集


活版印刷とは

活版印刷(かっぱんいんさつ)は、文字やイラストなどの印刷物を作成するための古典的な印刷技術です。この技術は、活字と呼ばれる個々の文字や記号を組み合わせて印刷版を作り、インクを塗布して紙に転写する方法です。活字は鉛や合金で作られ、文字ごとに個別に配置されます。印刷する際には、活字を組んで版面を作成し、印刷機にセットします。その後、インクをローラーで塗布し、版面を紙に押し付けて印刷を行います。活版印刷は、15世紀のヨハネス・グーテンベルクによる活字印刷術の発明以来、数世紀にわたって広く使用されてきました。この技術は、文字の正確な再現性と高品質な印刷物の製作が可能であり、書籍や新聞、ポスターなどの大量生産に適しています。しかし、デジタル印刷技術の進歩により、活版印刷は徐々に減少しており、現代では主に特殊な印刷物やアート作品などで使用されています。


印刷に関するお問い合わせはコチラ ▼

お問い合わせ・お見積りボタン

UTILIZE編集部
UTILIZE編集部
山藤三陽印刷株式会社のマーケティングチームです。 SDGsに貢献する地球環境に優しい印刷ソリューションのコンテンツをお届けしていきます。

環境に配慮した低コストの印刷で
今すぐSDGs達成に貢献しませんか?

印刷発注業務を通じて
SDGsに貢献する秘訣はこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
「環境配慮型印刷」のお役立ち資料は
こちらから

人気記事ランキング

タグ一覧